ヨーガの学び方

ヨーガの学び方

アイアンガーヨガの学び方

アイアンガーヨガを学び始めて来年で30年が経ちます。
身体は相変わらず硬いままです。
ヨガを全然していない人が、簡単に難しいポーズをしてみせたりすることがよくあります。

 

そんな人と比べてみても仕方のないことです。

 

とはいうものの、やはり比べてしまうのが人間です。

 

そこにヨガと本当に向き合うひとつのヒントが隠されています。

 

そうなって初めてヨガの入り口に立ったのかもしれません。

 

アイアンガーヨガでは写真のように道具を使います。
それはアライメントといって身体のバランスを保つために使うのです。
決して休んでいたり楽をするためのものではありません。
どこをどう伸ばしていくのかを教え導くためのものです。

 

オンラインレッスンでは道具も家にあるものを使って行っています。


プロップス(道具)について

アイアンガーヨガではプロップスを使います。
最近ではブリックやベルト、ブランケット(毛布)などを使うヨガが増えてきています。

 

プロップスの使い方として、補助代わりに使うと思っているのが一般敵だと思います。
私の考えでは、補助として使うのだけではなく、そこにちゃんとした目的が存在します。
アライメントといって身体を真っすぐに保つために使うものです。
できないアサナをする場合にプロップスを使いますが、そこには必ず学びが存在します。
なぜ、このプロップスを使うのかという事です。

 

めんどくさい話ですが、そこから少しずつ学んでいくことが大切になってきます。
それは実践をとおして徐々に学んでいってもらいたい事のひとつでもあります。

基本クラス

基本クラスを定期的にスタートします。
9月27日のオンラインクラスから毎週やっていきます。
興味のある人は参加してみてください。